So-net無料ブログ作成
検索選択

袁術は、2度死ぬ(タクティクス誌・ 旌旗蔽空 三国志189-230)

 今回は、長岡ポーカー&ブリッツへの遠征です。
 このゲームは、多人数のゲームですが、こんなにプレイヤーが揃う事は珍しく、2年半振りに、2度目のプレイされる事になったゲームです。
 しかし、私はこのゲームのルールを全く知らず、かつ、教えられずに、いきなりプレイに参加となりました。
 又、7人ものプレイヤーのリプレイを載せる事は現実味に欠けており、私個人のためにリプレイを取るから、いちいち、記録させてくれと言うのもゲームのスピード感を削ぐ事になり、今回もダイジェスト版と言う事になります。

 担当プレイヤーは、天野さん=馬騰、中村さん(あっちゃん)=劉備、杉田さん(杉)=袁紹、青き臥竜(がりょう)さん=劉表、はやるさん=曹操、私こと朱鷺羽想(ときわ そう)=袁術、笠井さん=孫堅、となりました。

 第1ターン~第2ターンは、董卓が生きている(ダイスの目で生死を決定)で各プレイヤーは、お互いを攻めたり、中立国を攻撃したり出来ません。
 この間、天野さん率いる馬騰が董卓軍に、攻撃を仕掛けます。



IMG_0175.JPG
 第3ターン、董卓死亡で早速、紀霊を陶謙の元へ派遣し、外交圧力により徐州の占領を狙いますが、失敗します。
 人徳値が2なので、ダイスで2の目以下を出さないと、家臣は得られないのですが、徐庶
を手に入れます。

IMG_0176.JPG


 第4ターン、徐州を武力で制圧します。
 
 第5ターン、青州を同じく武力で制圧します。
 三国志の序盤、曹操と袁術はライバル同士です。
 曹操が「はやる」さんなのにも、何か因縁めいたものを感じます。
 完全に伸び代を失った曹操軍が、全力で攻めて来ますが、1戦力を失って後退します。



IMG_0178.JPG

  
 第6ターン、淮南(わいなん)を制圧し、韓猛を得て、曹操軍の2度目の総攻撃をかわします。
 毎ターン、曹操との同盟を模索しますが、なかなかうまく行きません。

 第7ターン、曹操軍が、3度目の総攻撃を仕掛けますが、なんと全滅します。
 曹操軍の武将は、強力なので追撃はしません。
 いよいよ、袁術イニングです。
 ここで、曹操軍を滅亡させれば、このゲームの覇者になれると言っても過言ではありませんでした。
 しかし、たった1戦力の守備兵力に、7戦力の袁術軍は敗れたのです。
 紀霊は戦死し、しかも、袁術は、曹操に捕縛されたのです。
 玉璽も領土も家臣もすべて失い、袁術は、放浪の旅に出ます。
 そう、このゲームでは自国が滅びても、ダイスの目2以下を出せば、どこか空いている土地に、再起が可能なのです。
 「実際なら、首をはねられているな・・・」
 そう言いながら、交州(国力3、海南島の北西部にある土地)に、ちゃっかり、
再起し、魏延を得ます。

 第8ターン、なんと司馬懿を家臣にします。

 第11ターン、やっと3戦力までに回復したのに、笠井さん率いる孫権軍に、袁術は滅ぼされ、しかもちゃっかり、司馬懿だけは自軍の捕虜にしました。

 第13ターン、扶南(もはや、ベトナム)に、二度目の再起を果たしますが、ここで、何をしろというのでしょう。
 何やら、北の方では、高句麗に本拠地をおいていた劉備が、袁紹か曹操に滅ぼされ(殺害)
、後継者の劉禅は220年になるまで、使用出来無い事から完全に滅亡し、最下位は免れました。

 このゲームでは、劉表、曹操、孫権の三国志となっていったのですが、曹操が、一歩抜きん出ているという形で、終了しました。

 しかし、このゲームにおける袁術って、一体、なんだったのでしょう?
 一度は勝利に最も近い所まで上り詰めて、秋の落日の様な没落ぶりです。
 これがゲームでなかったら、袁術は二度死んでいたでしょう。
  

 
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

蒼き臥竜

こんにちは。先日はありがとうございました。
記録を見ると、旌旗蔽空はこのサークルでは2年半ぶりの2回目で、前回も朱鷺羽想さんとはやるさんは参加されています。良くも悪くも運で大きく流れの変わるゲームですね。
ところで写真の並び順は逆ではないでしょうか。

by 蒼き臥竜 (2012-09-27 20:22) 

朱鷺羽想

そうでしたか。
写真は、一応、並べ直しましたが、あまりの袁術のふがいなさに、何ターンに撮ったか、覚えておらず、これで、ご勘弁願います。
by 朱鷺羽想 (2012-09-27 22:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。