So-net無料ブログ作成
検索選択

劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャブ

 本日は、有給を取って、映画館へ。
元々、偶然聞いた「いとうかなこ」の曲が、気に入って見始めたSTEINS:GATE(シュタインズ・ゲート)。
元来は、X-BOX等のゲーム機から、人気が出てアニメ化され、4月20日より、劇場版が公開された。
 本映画は、アニメの続編に当たるので、ゲームをやるかアニメを見ないと、内容は、まず、わからないでしょう。
 大学生・岡部倫太郎と言う自称マッド・サイエンティストが作った「未来ガジェット研究所」。
 そこで、ひょんな事から関わった牧瀬紅莉栖(まきせ くりす)という天才美少女と、偶然、過去にメールを送れるDーメールを発明する。
 そこから、やがて、タイム・リープ(意識だけが、過去の平行世界の自分の肉体へ飛ぶ)をし、自分達の都合の良い過去改変を実行して行く。
 しかし、そのためには、同じくタイム・マシンを研究していた組織「セルン」から、データーをハッキングしなければならなかった。
 やがて、その事実に気づいた「セルン」は、「未来ガジェット研究所」のメンバーの抹殺にかかる。
 その事に、気づいた岡部倫太郎は、気の遠くなる程のタイム・リープを繰り返し、メンバーが、死なない様に、過去改変に取り掛かるが、一度助けたはずの紅莉栖やメンバーの命は、別の原因で、又、失われてしまう。
 しかも、過去改変する度に、未来は、様変わりして行く。
 果たして、岡部は、どうするのか?
 舞台は、2010年夏の秋葉原。(劇場版は、その1年後の夏。)
 「未来ガジェット研究所」と言っても、岡部倫太郎は、性格に問題のある唯の大学生。
 後は、ハッカー一人と牧瀬紅莉栖以外は、女子高生だったり、メイド・喫茶のメンバーだったり、未来から、タイムマシンを発明した(きちんとしたマシン)牧瀬紅莉栖を暗殺しにくる女戦士がいたりして、ちょっと、普通のアニメからみると、一風、変わったもの。
 まだ、 YOU TUBEで、見れるはずです。
 WAR GAMEとは、まったく、関係ないが、内容が、中高生向けなので、見ごたえは、あるはずです。
 ストーリーで、見せるアニメも、少ないので、暇(?)な人は、観て下さい。
 面白いですよ。
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。