So-net無料ブログ作成
検索選択

家康は、脱糞したか?(ウォーゲーム日本史第20号・三方原合戦)

 元亀3年(1573年)、武田信玄は、上洛しようとしました。
 その途中、遠江国で、徳川家康とぶつかったのが、三方原合戦です。
 この時、武田勢に完膚無きまでに、叩き潰された家康は、浜松城へ、逃げ帰る途中、あまりの恐怖に、馬上で、脱糞していたと言う逸話が、あります。
 以降、家康は、自分の軽挙妄動を慎む意味で、書かせた肖像画が、しかみ像だとの事です。

 マップは、現在の静岡県西部浜松市・天竜川周辺に、描かれており、武田勢(北条勢含む)25駒、徳川勢21駒、織田勢15駒で、戦いを繰り広げます。
 但し、武田勢のみが、2ステップを有しており、しかも、援軍で来る織田勢の3分の1は、0戦力と言うレーティングです。
 そう、このゲームは、同じウォーゲーム日本史第7号「長篠設楽原合戦」と同じゲーム・システムを使用しています。
 
 30枚あるカードが、重要な意味を持つゲームなのです。
 まず、勝利条件である三河勢の士気を決めるカードを裏返した5枚のカードから、1枚抜いて、伏せておきます。
 これには、「三河勢の士気1~5」が、プリントされており、ゲーム終了時、この士気値より、低ければ、武田勢の勝利、高ければ、徳川勢の勝利となります。
 勿論、「武田信玄」駒・「徳川家康」駒を除去しても、勝利出来ます。
 残りの士気カードは、山札に混ぜて、よく、シャッフルします。
 両陣営に、初期カード3枚ずつと、強制イベントのオープン・カード1枚と、士気カードを除いた22枚を、使い切った時点で、勝負が、決定します。(つまり、全11ターンのゲーム)

 移動は、通常1グループ(上限5駒)が、2エリア移動させます。
 しかし、山岳エリアは、1エリアずつです。
 又、河川の渡河は、渡河エリアが、決まっており、ゲーム開始時から、その渡河エリアから、隣接する渡河エリアの1エリアに、限られています。

 戦闘は、大別して、野戦と攻城戦の2種類が存在します。
 野戦は、1D6で、その駒の戦闘力より低い目を出せば、相手に1損害を与える事が出来ます。
 野戦の後で、不利だと思った陣営は、撤退を宣言出来ます。
 但し、野戦と同じ方法で、一度だけ、追撃戦を受けます。
 この時、反撃は、出来ません。
 
 攻城戦は、文字通り、城に籠城する敵を攻撃する方法です。
 まず、攻撃側は、城レベルと同じだけの損害を受けます。
 そして、攻撃側は、通常の野戦と同じ方法で、城を攻撃し、その損害が城レベル以上ならば、その城は落城します。
 但し、城に籠城している駒を除去する事によって、損害数が、城レベルを下回れば、落城は、免れます。

 又、包囲戦と言って、城を包囲している5駒につき1回、1D6して、1の目が出ると、攻撃側無損害で、落城します。
 時間がかかるのが欠点ですが、どれだけの駒が籠城していようと、問答無用で落城します。

 さて、長々とルール説明して来ましたが、リプレイに入りましょう。
 武田勢は私、徳川勢は、OASE新潟の「はやる」さんです。



IMG_0289.JPG



 武田勢は、別働隊に、2戦力5・1戦力のグループを分派し、本隊に、3戦力4・2戦力1、2戦力5、2戦力1・1戦力4・北条勢3のグループを作ります。
 第1ターン、初期カード「山家山方衆の調略」で、長篠城を攻略します。
 徳川勢も、カードを使用して、10駒を久能城の北エリアまで、進出させます。
 長篠城の城レベルは2なので、「三河勢の士気」は、10から8に下がります。

 第2ターン、初期カード「岩村城攻略隊」に、足手まといの北条勢3ユニットを除去して、2D6(今回は8)個の織田勢の増援を除去します。
 徳川勢は、「三河勢の士気5」のカードを捨てて、織田勢の援軍5駒を浜松城に置きます。
 「これで、最高条件での勝利は、無くなったネ。」とプレッシャーをかける「はやる」さん。



IMG_0290.JPG




 第3ターン、信玄が、犬居城へ入城します。(信玄動く!)
 徳川勢は、カードを捨てて、残り2駒の織田勢を浜松城へと呼び込みます。
 
 


IMG_0291.JPG



 第4ターン、「早駆け」で、3戦力4駒2戦力1駒と2戦力5駒のグループを只来城へ送り込むものの、徳川勢も、「早駆け」で、10駒を救援に向かわせます。
 初の決戦ですが、信玄の陣頭指揮だと言うのに、武田勢は、2戦力5駒のグループが、すべて、裏返ると言う大損害を受けます。
 それに引き換え、徳川勢に与えた損害は、成瀬正義(2)と1戦力2駒の除去のみでした。
 徳川勢は、駒を失っても、士気に影響はありませんが、武田勢は、駒を失うと、「三河勢の士気」が、上昇するのです。

 第5ターン、武田勢は、カード「火の如し」を使用しますた。
 これは、2グループ移動で、その駒の戦力プラス1にする強力なカードです。
 しかし、これは、不利と観た徳川勢は、「家康に過ぎたるもの」カードで、全軍を二俣城へと退却させました。
 そして、このターン、只来城が落城し、「三河勢の士気」が、8から7に下がります。

 第6ターン、武田勢は、カード「総掛かり」を使用して、3グループ移動で、二俣城を攻撃します。
 徳川勢は、カード「三河武士の意地」を使用して、戦力プラス1で、迎え討ちます。
 武田勢は、3損害を受けるも、徳川勢は、内藤信成(2)、青木貞治(1)、中根正照(1)が死亡します。



IMG_0292.JPG



 第7ターン、武田勢は、カード「総攻撃」で、1グループのみ戦力プラス2。
 一か八か、別働隊を浜松城に、突っ込ませます。
 今、思えば、この一手が、後の武田勢の命運を決めたと言えましょう。
 徳川勢に与えた損害は、わずかに、織田勢の1戦力駒の1個を除去したのみです。
 反対に、別働隊は、徳川家康の指揮の元、大損害を被ります。
 
 しかし、二俣城での戦いは、信じられないくらいダイスの目が、冴え渡り、3損害を被るものの、石川数正(3)、酒井忠次(3)、鳥居忠広(2)、青木忠門(2)、大久保忠佐(2)、松平家忠(2)の6駒を除去すると言う
大戦果を挙げたのでした。
 もし、家康が、脱糞したとすれば、このターン以外は、考えられないのです。

 第8ターン、強制イベントカード「雨」です。
 1エリアしか移動出来ずに、戦力マイナス1となります。
 それでも、武田勢は、攻勢をかけ、本田忠勝(3)を除去して、ついに二俣城が、落城します。
 「三河勢の士気」が、7から5に、下がります。



IMG_0293.JPG



 第9ターン、いよいよ、徳川勢の逆襲が始まります。
 と、言うのも、第8ターン終了時に、すべての武田勢の駒は、裏返っていたのです。
 浜松城決戦は、カード「魚鱗の陣」で、「敵にプラス2損害を与える」を出して、石川家成(2)、小笠原信輿(2)を除去して、撤退するも、武田信廉(2)、春日虎綱(2)が、除去されてしまいました。
 「三河勢の士気」が5から7へ上昇します。

 第10ターン、掛川城が、落城します。
 「三河勢の士気」が、7から4に減少します。
 二俣城の西のエリアで、浜松城からの追撃部隊と交戦します。
 武田勢は、織田勢の稲葉良通(2)を除去しますが、自らも、小山田信茂(2)を失います。
 「三河勢の士気」が、4から5に上昇します。



IMG_0294.JPG



 第11ターン、最後の望みをかけて、高天神城を包囲攻撃しますが、1の目は、出ませんでした。
 もし、この城を落とせれば、「三河勢の士気」を2まで減少出来たので、残念です。
 浜松城からの追撃部隊は、土屋昌次(1)を除去しました。
 「三河勢の士気」が、6に上昇した時点で、ゲーム終了です。
 伏せられていた「三河勢の士気」カードは、2でした。
 完敗です。
 この後、武田信玄は、死亡し、脱糞します。
 しかし、第7ターン、徳川家康が、あまりの損害と浜松城への強襲で、脱糞したかは、永遠に不明です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。