So-net無料ブログ作成
検索選択

スエズは枢軸に!(SL Gamer Re:informationce Rommel at El Alamein)

IMG_0310.JPG 

  このゲームは、1942年8月30日にエジプトにおけるDAKと英第8軍の戦い「アラム・ハルファの戦い」、通称「エル・アラメインの戦い」をシミュレーション・ゲームにしたものです。
ゲーム手順は、枢軸軍の移動・攻撃 / 英空軍の攻撃 / 英軍の移動・攻撃ですが、損害は同時適応ではなく、損害を適応した後に、反撃するものです。
  又、機械化部隊だけは、1ターンに、2回攻撃が、可能です。
 ロンメルが存在すると、その損害は2倍になり、モンティが存在すると、ロンメル効果が無くなり、攻撃にふるダイスの目が、1つ減少すると言うものです。
 一応、2ステップユニットが、大半ですが、機械化部隊の大半は、独軍で5~6、英軍で3であるので、大きな差があります。
このゲームは、戦闘力の分だけダイスを振る、言わば「1出なサイ」システムなので、DAKは、凶悪です。
 陣地・高地・街は、攻撃ダイスを1減少します。
 枢軸軍が、アラム・ハルファ高地の陣地2つを占領するか、エル・アラメイン以東の道路・街を占領したら、勝利します。
 それを第5ターンまで防ぐか英軍が、西端ヘクスから、脱出すれば、英軍の勝利です。
 今回のプレイは、独軍がOASE新潟のはやるさん、英軍を私が、指揮して戦いましたが、各個投入される形となった英軍機械化部隊が、すべて、DAKに除去され、第3ターン投了となりました。


IMG_0309.JPG



         本日やった他のゲーム


         ①、少女兵器大戦




IMG_0308.JPG


 科学技術0、国力10、資源4からスタートして、相手の国力を0にした方が、勝つ台湾製ゲーム。
登場兵器が、すべて女の子と言う代物。
 ドーラ(80cm列車砲グスタフ)の3連打(一度で、国力に3の損害を与えるもの)で、「はやる」さん相手に、私の勝ち。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。