So-net無料ブログ作成

Rising Sun or Setting Sun?(太平洋戦史・国際通信社)

 ルールは、僅か4ページ。
 しかも、そのルールの解説書まで付いているんだから、あなた、ルールミス等、起こるはずもない?
 いえいえ、それが、アリエールのですよ。
 
 今回のプレイでも、連合軍が占領した港湾には、すぐに、連合軍基地マーカーを置くのに対して、「3、補給フェイズa、港湾の攻略」まで、変化が無いと思っていた事。(解説書P8の港湾支配の例)
 戦闘開始直前に、「撤退作戦」カードなしに、勝手に退却する日本軍。
 解説書P10 「6.2 カードの取得」 増援フェイズに、日本軍がボルネオ島を日本軍が支配していれば、カード2枚が手札に入ると記述されているが、インドシナ・ヒィリピン双方が、連合軍支配下にある場合、完全にシーレーンが断たれているのに、カードの取得は、可能なのか?
 これを明文化したルールはどこにも、書かれていない。

 この様に、初心者向けゲームでも、我々は、大なり小なりルールミスを犯している。
 特に、1プレイ2時間程度のゲームを1回こっきりで、遊んでいる我々には、顕著だと思う。
 私のブログにも、時々、ゲーム上のルールの問題点を指摘したコメントが寄せられる事がある。
 なぜ、こんな事を書くかと言うと、今回のゲームは、熱中し過ぎて、ログ(記録)や写真の取り忘れが、多いからである。
 
 本当ならば、数をこなして感想戦で稼ぐ「はやる」さんの様なブログが、良いのであろうが、1カ月に1ゲームでは、それは、あまりにも寂しいし集客力もない。
 しかし、本来は、新潟市に埋もれているシミュレーション・ゲーマーを発掘する当方のブログは、未だ、1名の発見者もいない。
 
 さて、前置きが、長くなったが、いよいよ、「太平洋戦史」について、説明しよう。
 このゲームの肝は、カードである。
 ある作戦フェイズで、主導権(先攻)を取ろうと思えば、艦隊に補給を与えて行動面に戻そうと思えば、
港湾を占領しようと思えば、自軍の作戦を有利にしようと思えば、すべてカードが必要である。
 カードは、貴重なので、唯、主導権を取るだけのためだけに、1枚は、無駄にしたくない。
 そんな時は、ダイスを振って大きな目を出した方が、先にプレイする。
 但し、バッティングした場合は、すぐさま、作戦フェイズが、終了する。
 このゲーム、結構、ダイスを使用しての主導権争いが、頻発する。

 ゲーム開始時、日本軍は、4枚のカードを保有している。
 そして、第1ターンから、ボルネオ島を占領しているターン毎に、2枚ずつの補充がある。
 一方、連合軍は、第1ターン2枚、第2ターン3枚、第3ターン4枚、第4ターン8枚、第5ターン10枚と予め決定されている。
 一見すると、連合軍の方が、有利に見えるが、ゲーム後半の連合軍は、勝利条件と競合するので、結構厳しい物がある。

 ゲーム・ターンは第0ターンが、1941年12月のみで、後は、1ターン=半年で、推移する。
 しかし、日本軍が好調だと、第5ターン(1944年前半だが、増援スケジュールを観ると、1年に等しい)は、プレイされずに、終了する。
 
 勝利条件は、第4ターン終了時、日本軍が+5点以上ならば日本軍の勝利、連合軍が+1点以上ならば連合軍の勝利、0~日本軍+4点ならば、第5ターンをプレイする。
 第5ターンは、連合軍+5点以上ならば、連合軍の勝利、連合軍+4点以下ならば、日本軍の勝利である。
  
 ユニットには、空母・陸上機にのみ、空襲時の戦闘力が、他の艦艇は水上戦時の戦闘力が、各々プリントされており、他に、防御力・速力・艦名・配置記号又は、登場ターンが、プリントされている。
 面白いのは、翔鶴・瑞鶴が、重装甲なのに、ビッグEこと、エンタープライズは、通常艦である。
 勿論、大和・武蔵も重装甲艦で、6の目以外では、沈没しない。

 基地の占領は、単に敵ユニットを除去した瞬間に可能だが、港湾の占領(たとえ、自軍の基地になっていたとしても)空襲力・水上戦闘力合わせて20戦力で1地上戦力に換算する。
 後は、カード1枚を1地上戦力として、使用する。
 中には、地上戦力=2を持つカードも、ある。

 実は、勝利条件とは、この港湾の得点と両軍の占領した基地数の多い方に、1点が、加えられる。
 日本本土=5、ハワイ・オーストラリア=3、シンガポール・ヒィリピン・セイロン島=2、サモア諸島・トラック島・インドシナ=1である。

 移動は、3移動力あり、基地・港湾・ポイント(遠距離航海のため2移動力消費)を経て、敵のいる基地・港湾に侵入したら、そこで、戦闘を行う。
 移動力が0の艦艇は、自軍の基地・港湾のみの移動に限り、3移動力を持つ。
 例えば、アメリカの旧式戦艦群なのだが、自軍の基地にしたが、未だ、敵の港湾だった場合の攻略には、役に立つ。

 しかし、移動力3ないと攻勢には、使いづらい。
 敵と戦闘するために、残移動力が2の艦隊は2ラウンドの、残移動力が1の艦隊は、1ラウンドの戦闘の延長が可能であるからである。
 移動力の異なる艦艇同士の編成だと、移動力の低い艦艇にあわせなければならないためである。

 戦闘は、1ラウンドに、まず、空襲を1回行う。
 これは、相手のユニットを選べる。
 空襲力を合計して、それに当てはまるコラムを探す。
 その後、ダイスを1個振って結果を調べる。
 大体、「1」で、戦艦・空母を撃沈する破壊力があるそうだ。
 そう、このCRTでは、何隻の敵艦に損害を与えたかを求めるのである。
 空襲の的になったユニットは、ダイスを1個振る。
 防御力より、大きな目がでれば、撃沈である。
 防御力より小さい場合、その目と同数のターン後に再登場する。
 
 空襲が終了した後、攻撃側から、退却を宣言出来る。
 この時、一部の艦艇だけを退却させるのは、許されない。
 すべてが、留まるか、退却するかである。

 双方、退却しなかった場合は、水上戦が行われる。
 これは、損害を与える艦艇をこちらは、選択出来ない。
 相手プレイヤーが、決定する事である。
 空襲も水上戦も、同じCRTを使用する。

 水上戦が終了すれば、1ラウンド終了であるが、ここで、再び、退却を宣言出来る。
 もし、退却しなければ、再び、空襲から繰り返す。
 これを、敵が、退却するか、全滅するかまで、繰り返す。
 攻撃側の戦闘ラウンドが、続く限りは・・・。

 他にも、細々としたルールは、山程あるが、今回は、これ位にして、リプレイに入ろうと思う。
 今回は、日本軍は、OASE新潟の「はやる」さん、連合軍は、私こと朱鷺羽想(ときわそう)が、担当する。

 まず、第0ターンの真珠湾空襲とマレー沖海戦。
 真珠湾空襲は、コラム「+31」の欄で2、すなわち、6隻にダメージを与える結果となる。
 ウェスト・バージニア、メリーランド、カリフォルニア、ネバダ撃沈。
 アリゾナ、2ターン目の増援。
 オクラホマ、3ターン目の増援。
 史実以上の結果である。
 続いて、マレー沖海戦。
 こちらは、P.O.ウェールズの撃沈のみである。

 第1ターン、日本軍は、シンガポール・ヒィリピン・ボルネオ島を占領しなければ、戦争を続けられないので、
必死である。
 本土に南雲機動部隊と一部の艦艇を残し、全戦力で、侵攻してきた。
 
 まず、比島攻略戦であるが、太平洋戦争初の水上戦になるも、ヒューストンしかいないので、軽く一蹴。
 続いて、シンガポール攻略戦で、日本軍は、加古・古鷹が、沈没、連合軍は、レパルス、エクセターを撃沈され、さらに、別働隊が、ボルネオ島のデ・ロイヤルを撃沈した。

 ここに来て、日本軍は、20戦闘力以上の艦隊戦力とカード1枚ずつで、シンガポールとフィリピンを攻略した。
                 得点:日本軍+1

 第2ターン、日本軍が、攻勢を取れる最後のターンとなろう。
 なんと、ほぼ、全兵力で、セイロン島へ攻めて来た。
 ここで、日本軍は、サクセンカード「驚異的な命中率」(CRTが右へ2コラム・シフト)と水雷戦隊の活躍(第1次ソロモン海戦を再現したもので、日本軍の水上戦闘の結果の適用後、連合軍の水上戦闘の結果を適用すると言うもの。通常は、同時解決。)
 対する連合軍は、艦種誤認(珊瑚海海戦で見せた日本軍の空母と油送船ネオショーの見間違い)のみ。

 第1次セイロン沖海戦。
 空襲は、日本軍は、コーンウオール、シュロップシャー、イラストリアス撃沈。
 ドーセットシャー、デボンシャー、R.ソブリン、ラミリーズの第3ターンの増援である。
 こちらの空襲は、全弾ハズレ。
 
 水上戦は、リベンジ・レゾリューションが、第3ターンの増援。
 ウォースパイト、バリアントが、第5ターンの増援となった。
 最も、この4戦艦は、第3ターンの増援フェイズに、ヨーロッパに帰還する予定の艦ばかりである。

 第2次セイロン島沖海戦。
 空襲は、翔鶴撃沈、瑞鶴を第3ターンの増援とした。
 日本軍は、インドミダブル、フォーミダブル、ハーミスを撃沈した。
 
 これで、セイロン島を防護する艦艇は、すべて存在しなくなった。
 早速、日本軍は、カードと艦隊で、セイロン島を占領した。


 余談ながら、アッツ島に、小艦隊を分派しておいたら、日本本土艦隊が虚を突き来襲し、ペンシルベニア、ニューオリンズ、サンフランシスコを撃沈し、テネシーを4ターンの増援へと押しやった。
侮りがたし、日本軍。

                得点:日本軍+4



IMG_0317.JPG



 第3ターン、いよいよ、連合軍の反攻である。
 第1目標、トラック島。
 今回は、カード「潜水艦の奇襲」を使用したが、効果は、なかった。      
 トラック島沖海戦。
 今回は、「マリアナの七面鳥狩り」と「VT信管」で、日本軍の空襲は、左へ3コラムするのである。
 案の定、日本軍の空襲は、「エンタープライズ」の撃沈のみ。
 連合軍の空襲は、飛龍、加賀、霧島を沈没させ、赤城を第4ターンの増援に、そう龍(漢字変換出来なかった)、比叡を第5ターンの増援とした。

 水上戦は、ほぼ引き分けに終わり、日本軍が、麻耶、鈴谷、最上を失い、鳥海が、第4ターンの増援となった。
 連合軍は、チェスター、ルイビル、ペンサコラが沈没、ポートランドが、第4ターンの増援となった。
 日本軍が、存在しなくなったので、早速、トラック島を占領した。


                得点:日本軍+7

 第4ターン、いよいよ、ヒィリピンの奪還である。
 日本軍は、カード「伊号潜水艦の活躍」で、空母ワスプを史実通り、沈める。
 第1次比島沖海戦。
 日本軍は、機動部隊を温存する。
 一方的な空襲で、金剛、利根、愛宕、足柄が沈没し、妙高、高雄が、第5ターンの増援、羽黒、筑摩が、リタイア(第6ターン以降の増援となるので、ここでは、便宜上、リタイアと表現する。)となる。
 
 一端、トラック島に帰港して、カードで、再補給して、再び、比島に向かおうとすると、日本本土から、単艦で、マリアナ諸島へ割り込んでくる艦があった。
 どうやら、カードの無駄遣いをさせる腹らしい。
 一部の艦隊をこれに向かわせる。
 マリアナ沖海戦は、引き分けで、青葉とアストリアが、沈没する。

 第2次比島沖海戦は、日本軍も、機動部隊を投入して来る。
 空襲で、日本軍の損害は、飛鷹が沈没、隼鷹がリタイア、赤城が5ターン目の増援となる。
 連合軍は、ワシントン、サウス・ダコタが、第5ターンの増援、ノース・カロライナが、リタイアである。

 続く水上戦だが、日本軍は、陸奥がリタイア、鳥海が、沈没である。
 連合軍の損害は、キャンベラ・プリンストンが沈没、オーストラリアが第5ターンの増援、インディアナ、アラバマが、リタイアである。
 ヒィリピンが、連合軍の基地となる。

 三度、トラック島で、再々補給して、インドシナに侵攻する。
 インドシナ沖海戦である。
 残念ながら、この時の日本軍の損害のログ(記録)が無い。
 プレイに熱中し過ぎて、忘れた物と思われる。
 この場を借りて、読者諸氏にお詫びをしたい。
 一方、連合軍の損害は、ビンセンス沈没、クインシー、ノーサンプトン、ソルト・レイク・シティが、第5ターンの増援となった。
  最後のカードで、インドシナを占領下にして、今ターンを終了した。

               得点:日本軍+4



IMG_0318.JPG



 第4ターン終了時、日本軍が+4点なので、第5ターンをプレイする予定であった。
しかし、私の所用のため、ゲームをここで、終了しなければならなかった。
 連合軍が、勝利するためには、日本本土を陥落させるサドンデス勝利条件しかないが、それは、現段階では、少々、難しいと判断された。
 一応、「はやる」さんの勝利としたが、もし、第5ターンをプレイしていたら、Rising Sun になるのか、
Setting Sunになるのか、それは、誰にも、分からなかった。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。